キャバ嬢を始めてから薄毛になった!?なぜ薄毛になるの?
キャバ嬢を始めてから薄毛になった!?なぜ薄毛になるの?

薄毛を悪化させないためには?~若い女性が使える薄毛治療薬~

  • TOP
  • >
  • 薄毛を悪化させない

髪に負担をかけない方法とは?~髪型やシャンプーの仕方~

若いキャバ嬢の薄毛には、食事などの生活習慣の他に、盛り髪が頭皮に与える影響も大きいです。しかし、キャバ嬢を続けていくには盛り髪とは縁を切ることは難しいでしょう。少しでも改善出来る良い方法を見ていきましょう。

盛り髪をした後は丁寧なシャンプーが大切

盛り髪を作るときのスタイリング剤が残ると薄毛の原因になるので、きちんとシャンプーをして頭皮に残らないようにしましょう。髪や頭皮に良いシャンプーはアミノ酸系のシャンプーですが、アミノ酸系のシャンプーはたくさんあります。適当に選んでしまうと、髪に負担をかけたり、育毛に効果がなかったりします。アミノ酸系のシャンプーを選ぶときは無添加の物がおすすめです。

シャンプーと併せて行うマッサージが効果的

シャワー

洗うときは爪を立てずに、指の腹で洗いましょう。ゴシゴシと洗ってしまうと、生えている髪だけではなく新しく生えてきたばかりの髪の毛まで抜けてしまいます。軽く触れて優しく洗うことを意識しましょう。また、シャンプーのときにマッサージを行い頭皮の血行を良くしましょう。マッサージする際は、指を押し当てて、擦らないように小さく動かしましょう。シャンプーのときのマッサージで余分な皮脂も落とすことが出来ます。

頭皮に負担をかけない髪型をする

髪を引っ張ってセットしたり、長期的に盛り髪を続けていたりと髪に負担が大きい髪型を続けていると薄毛になりやすいです。エクステやポニーテールを長期的に続けることでも薄毛に影響するので髪を引っ張らず負担が少ない髪型を心がけましょう。しかし、盛り髪の負担が大きいと言われても地味な髪型ばかりでは嫌だという女性も多いと思います、そうした場合には、毎日盛り髪をするのではなく頭皮を休める日を作ると良いですよ。

育毛剤を使うと症状の改善が早くなる~若い女性に適した育毛剤~

日常の生活を改善したり、シャンプーを変えて見たり、髪に良いことをやっていき調子が良ければ改善することが出来るでしょう。しかし、早く症状を改善したいときには育毛剤の併用も良いですよ。育毛剤に関して紹介していきます。

育毛剤の選び方

初めて育毛剤を使う場合、どれを選べば良いか分からない物です。育毛剤を使用するなら選び方を抑えておきましょう。


育毛剤には種類がありますか?
育毛剤には、男性用だけではなく、女性用も存在していて、さらには男女兼用のものまで開発されています。若い女性の薄毛は女性用の育毛剤を使用する方が、効果があります。女性用育毛剤は、頭皮の血行促進や栄養を補給、保湿などを行うなどの効果があります。男性用に開発された育毛剤は違うタイプになるので、育毛剤購入の際は女性用を選びましょう。
若い女性に効果的な育毛剤はどんなものですか?
若い女性が選ぶ育毛剤は、女性用の血行促進や栄養補給、保湿の効果があるものですが、女性用ならこのような効果は当たり前のようになってきます。その中で注目して見て欲しい部分は、頭皮に刺激や負担を与えてしまうアルコール成分や化学成分があまり含まれていないものを選ぶようにしましょう。なるべく無添加のものを選ぶことで頭皮に負担をかけずに育毛することが出来ますよ。

使用する時期にいて

育毛剤を使用し始める時期は、薄毛に気が付いたときに始めると良いでしょう。例えば、抜け毛が増えて頭皮が透けて見えるようになってきたり、髪に元気がなくなってきたりという症状が現れたときです。気になりだして、早めに女性用の育毛剤を使用することで改善も早く、症状が進行する前にはもとに戻すことが出来ます。症状が悪化した後に使っても効果はあるが、治るまでに時間がかかり、お金もかかります。

クリニックに相談してしっかり治す~治療方法について~

若い女性の薄毛は努力をすれば自分で治すことも出来ます。しかし、不規則な生活で改善が難しいキャバ嬢などは、なかなか自分だけで治すことは出来ないでしょう。そんな人は、クリニックの活用をおすすめします。

どのクリニックに相談する?

相談

薄毛の相談は、皮膚科や産婦人科でも出来ます。しかし、薄毛専門の病院ではないので、薄毛の治療を行うなら「脱毛症専門外来」に行くと良いでしょう。薄毛の原因は様々で、人によって違います。皮膚科や産婦人科で治療出来ることもあるが、若い女性に多く見られるびまん性脱毛症の場合は治療出来ないことがあります。そのため、専門のクリニックに相談して治療すると良いでしょう。

クリニックで行う治療一例

若い女性が薄毛で病院へ行ったらどのような治療方法が行われるのでしょうか。病院での薄毛治療を見てみましょう。

パントガールの服用
薄毛治療で処方されていた内服薬は、このパントガールが出るまで男性用のものしかありませんでした。つまりこのパントガールは、世界で初めて安全かつ効果のある内服薬として処方されるようになった薄毛治療薬なのです。外用薬以外にも安全内服薬が出たことにより、女性も手軽に薄毛治療を行うことが出来るようになりました。
パントスチンの使用
パントスチンは、AGAや老化による薄毛にも効果がある外用薬です。抜け毛の原因には、ジヒドロテストステロンが頭皮内に発生し毛根にダメージを与えてしまいます。パントスチンは、アルファトラジオールという成分がジヒドロテストステロンの発生を防ぎ、毛根のダメージを抑え抜け毛の症状を抑止しています。この薬剤は男性でも女性でも使用することが出来ます。
KIPスカルプヘアエッセンスの使用
KIPスカルプヘアエッセンスとは、頭皮に塗る美容液のようなもので、「KGF」という発毛を促進する成分が高濃度で配合されています。その他にもたくさんの成分が含まれていて頭皮と髪の毛を良い状態にしてくれます。朝と夜に使用しますが、使用感はベタベタせず使い心地が良いので髪の毛をセットする前でも不快感を与えません。
HARG療法
HARG療法とは、世界各国で共同研究されて開発された毛髪再生の治療法です。頭皮に直接有効な成分を与える治療ですが、毛髪再生研究会に認められた病院でしかHARG療法を行うことは出来ません。HARG療法で使用される薬剤は人の組織である肝細胞から抽出された成長因子を使用するので、アレルギー反応やがん化などの副作用がないので、肌が弱い女性でも使用出来ます。
TOPボタン