キャバ嬢を始めてから薄毛になった!?なぜ薄毛になるの?
キャバ嬢を始めてから薄毛になった!?なぜ薄毛になるの?

薄毛でもキャバ嬢を続けたい!~若い女性の薄毛をカバーする~

  • TOP
  • >
  • 見た目を美しく

薄毛は嫌…でもキャバ嬢を続けるには見た目を良くしなくちゃ!

キャバ嬢として働くという生活が薄毛の原因になると言われても、見た目を良くするためにはヘアセットは欠かせません。そのため、生活の改善も難しいでしょう。薄毛は嫌だけどキャバ嬢は辞めたくない!という女性のために見た目に気を配りながら頭皮に負担を与えない方法を紹介します。

キャバ嬢における見た目の大切さ

キャバ嬢として働く女性は、ただ男性のお酒を造って楽しそうに話をしているだけではありません。接客をした男性に気に入ってもらい、指名をもらうことで稼ぎが変わります。そのため、接客でのトーク術や気配りも大切ですが、見た目も大切になるのです。不規則な生活の中で、体型やお肌の状態、髪質にまできちんと気を配れているかということで他の女の子たちとの差をつけることが出来ます。

カツラを使って負担を減らす

盛り髪が好き、目立つために盛り髪をしたい!でも薄毛が気になる。という人は、ウィッグを利用して頭皮の負担を軽減しましょう。

セットの手間も短縮出来て便利(22歳/女性)

ウィッグを使用することで頭皮への負担を軽減することが出来ました。エアセット代をかけずに盛り髪を自分で作れるので、時間とお金の両方を節約出来ます。種類はたくさんあって、地毛で作ったお団子をウィッグのコームで挟むものとか、頭の真上に地毛のお団子を作って、ウィッグのコームでお団子を隠すように前と後ろは襟足まで固定して、あとは境目を無くすように逆毛を作ってセットするだけだから超簡単!

アレンジも好きに出来ますよ(24歳/女性)

ウィッグはコテやカーラーを使うとダメになるイメージがありました。でも、コテやカーラーで、巻かないと目立つ盛り髪を作れないし、毎回同じ髪型になってしまうと思ってました。でもウィッグの種類を選べばコテやカーラーを使って髪を巻くことも出来るんですよ。耐熱のウィッグを選ぶようにしてウィッグでも好きな髪型にアレンジしています。

薄毛の人にオススメのヘアスタイル

薄毛の人はなるべく頭皮に刺激を与えないような髪型をした方が良いです。ウィッグの他にどのような髪型があるか見ていきましょう。


頭頂部の薄毛を隠すヘアスタイルはありますか?
頭頂部の薄毛を隠すには「ポンパドール」です。ポンパドールとは、前髪をまとめて上後ろに持って行き、ねじってからピンでとめる方法です。ポンパドールの髪型で盛りたい女性は、中に芯を入れて簡単に盛ることが出来ます。ピンだけで作れるヘアスタイルなので、薄毛を隠しながらも頭皮や髪にダメージを与えることなくセットすることが出来ますよ。
ショートヘアで似合う髪型を教えてください
ショートヘアのいいところは、ロングよりも重みがないので頭頂部の髪がペタッとしないことです。軽くボリュームが出せるので、薄毛をカバーしやすくなります。ショートにカットするときは、前髪を多めにしてボリュームを出し、分け目を作らないようにすることです。また、ストレートよりもパーマを当てることでボリュームが出やすくなり、薄毛をカバー出来ます。セットも簡単になりますね。
ミディアムヘアの場合どんな髪型が良いですか?
ショートヘアにした髪が伸びてきたり、ミディアムが好きだったりする女性は、ショートヘアと同じようにパーマを当てることでボリュームが出ます。ショートよりも長さはありますが、頭頂部はペタッとせずに薄毛をカバーすることが出来ますよ。可愛らしさを出すなら前髪を厚めにして、短くカットすると良いですよ。
ロングヘアで薄毛を隠す方法を教えてください
ロングヘアで薄毛をカバーするならストレートよりはパーマがよいです。やはりボリュームを出すためにはパーマが一番です。ロングは緩いパーマを当てるだけでも全体的にボリューム感を出すことが出来ます。パーマをして、負担をあまりかけないような緩めのハーフアップなどをすれば薄毛を完全にカバーすることが出来ますよ。

安全なダイエット方法で健康的に痩せる!~頭皮負担を考えて~

キャバ嬢は接客術や髪型だけが大事ではありません。美しいスタイルを維持することでお客さんの支持を得ることが出来ます。しかし、過激なダイエットは頭皮に負担を与え、薄毛を促進するので注意が必要です。頭皮に負担を与えない正しいダイエットでスタイル維持しましょう。

ダイエットをする上での注意点

頭皮に負担を与えないようなダイエットとは、どのようなことに気を付けて行えば良いのでしょうか。注意する点を見ていきましょう。

適正体重を目指す
痩せすぎは男性の興味を惹くことは出来ません。ダイエットをする前にまずは適正体重を把握しましょう。適正体重は「身長(m)×身長(m)×22」の計算をすると分かります。例えば身長160cmの女性なら1.6×1.6×22=56.32なので適正体重は56.32kgとなります。この計算をして適正体重以下ならダイエットは止めてスタイル維持に努めるか、適正体重に近づけるようにした方が良いですよ。
急激なダイエットは危険
短期間で体重を大幅に落とすことが出来てもその変化に身体はついていけません。目安としては1ヶ月でマイナス1~2kgほどです。急激なダイエットに成功しても薄毛が悪化したり、不健康で体調が悪くなったり、リバウンドしたりしてしまいます。ダイエットをするなら過度に行わないようにして、徐々に減らすようにゆとりを持って目標を設定しましょう。
睡眠と栄養に気を配る
ダイエットをしているからといって食事を抜いたりすると、必要な栄養を摂ることが出来ずに頭皮や毛髪に影響を及ぼしたりします。また、酷い栄養出張になると生活に支障が出たり、倒れたりする危険もあるので注意しましょう。また睡眠も大切です。睡眠は仕事やダイエットで疲れた身体を整えるためには大切な休養なのです。十分な睡眠がとれるようにしましょう。
適度な運動を取り入れる
健康的に痩せるためには運動すると良いでしょう。過度な運動は身体に負担を与えてしまうので、無理のないよう適度に運動しましょう。長い時間やる必要もありません、10分でも効果的に運動出来ます。運動を取り入れると結構も良くなって体の調子も良くなりますよ。長期的に続けるダイエットには軽い運動がおすすめです。

TOPボタン